なかさと歯科医院

019-664-1781

インプラントとは

インプラントとは、医学用で「移植する」という意味があり、歯科医療では人工材料で作ったインプラント(人工歯根)を歯の欠損部の顎(あご)の骨の中に埋め込み、その上に歯冠(人工の歯)を製作します。
インプラントは、見た目や耐久性が天然歯に近いため「第二の永久歯」と言われており、虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方向けに部分入れ歯、総入れ歯、ブリッジなどに替わる歯の修復方法です。これまでは、歯を失ってしまった場合、欠損部の両隣の歯を削りブリッジを付けたり、取り外しの義歯(入れ歯)を製作するのが一般的でした。
ところが、ブリッジについては両隣の歯を削ることにより、削った歯まで寿命が短くなったり、また取り外しの義歯は、堅い物を噛むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、食事や会話に不快感が生じる場合があります。
インプラント治療は、お口や口元の自然な感覚と機能を回復することができ、快適な食生活と素敵な笑顔ももたらすことができます。

CT診断で安心~より安全で確実な手術のため~

インプラント手術において神経や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断することがとても重要です。
そのためレントゲン撮影は、もちろん、CTによる精密検査は欠かすことはできません。

手術内容によっては、インプラント治療の前にCTデータをシミュレーションソフトへ取り込み、患者さんの顎骨の状態や骨質を精密に診断した上で、使用するインプラントの種類や径、長さ、角度などを決定していきます。このコンピュータシミュレーションによってインプラント治療の安全性をさらに高めることが可能です。
インプラント治療を行う前のCT診断では、歯科用CTを使用して3次元のデータを取得し、ノーベルガイドシステムにて解析します。

インプラント治療の流れ

カウンセリング・検査

患者様の現在抱えている問題、治療への疑問、審美的なご要望などを伺います。
その際にメリット、デメリット、費用についても詳しくご説明いたします。

精密診断・治療計画

X線写真撮影などの機器を用いて、顎の状態を細部にわてって検査し、顎の骨にインプラントを植立するだけの量と厚みがあるかを調べます。
その上で、インプラントを植立させる位置、深さ、角度まで綿密に検討します。
当医院では、最新のCT装置を設備していますので、他の医療機関でCT撮影をする煩わしさが無く、早期診断が可能です。

契約書作成・契約

最終的にインプラント治療に関わる治療費と支払い方法、ならびにインプラント手術や術後に起こりえる事項等を詳しく説明し、同意を得まして契約書にサインしていただきます。

インプラント埋入手術

まず、インプラント手術前に歯周病の初期治療および虫歯の治療によりお口の状態を良好に整えます。
お口の環境が整いましたら、インプラントの埋め込み手術を行ないます。
インプラントの埋入数によっては若干時間を要しますが、局所麻酔での日帰り手術となります。
また、手術で緊張する方は静脈内に麻酔剤を投与してリラックスした状態でインプラント手術を受けていただくこともあります。この方法は全身麻酔と違い術中意識がなくなることのない安全な麻酔法です。
2-3本の埋入手術の所要時間は約40分から1時間です。

上部構造作成

インプラントが骨と結合するのに2~3ヶ月を要しますので、その間は特に処置する必要はありません。同部の安静を保ちながら骨と結合するのを待ちます。
手術後2~3ヶ月待って、インプラント体と結合させる上部構造を作る治療を行ないます。

メンテナンス

定期的なメンテナンスはインプラントを長持ちさせるために大変重要です。
インプラントの本数にもよりますが、4~6ヶ月に一回、必ず定期検査を受けられることをお勧めしております。
インプラント周囲炎によるインプラント脱落、インプラントの破折、上部構造の破折などを定期検診で初期の段階で発見することが大切です。

インプラント症例紹介

《 上顎の前歯1歯欠損 》

前歯1本のインプラント治療の症例です。
症例①の患者様は顎の骨が薄かったので、骨移植を施してインプラントを埋入しました。
症例②は、別の患者様ですが10年経過し、インプラントは骨としっかり結合し安定しています。

《 下顎の奥歯2歯欠損 》

奥歯2本のインプラント治療の症例です。前後の自然の歯と比べても見分けがつきません。

《 上顎の多数歯欠損 》

上顎の歯1本を残し、他全てが骨移植を伴うインプラント治療です。

《 上下顎の多数歯欠損 》

できるだけ自分の歯を残すインプラント治療です。

《 上下顎の無歯顎欠損 》

上下無歯顎にコンピュータサージェリーを応用したインプラント治療です。